記念日に行きたいレストラン☆
六本木リッツカールトン東京ひのきざか

今年の結婚記念日は平日だったので、旅行ではなくディナーに行くことに。

記念日ディナーに選んだのはリッツカールトン東京の日本料理「ひのきざか

ヴァレーパーキングに車を預けてエントランスに入ると、エントランスにはヒマワリ🌻

夏を感じる素敵なエントランスです

今回は会席雅のコースを一休.comレストランから予約しました。

雅コースにグラスシャンパンが1杯ついて\18,500。通常だと\23,606なので一休のプランだと21%もお得になります。

https://restaurant.ikyu.com/104285/dinner/?pndt=1&pups=

ひのきざかは日本料理の会席、寿司、天ぷら、鉄板焼きの4つのエリアがありますが、会席は東京の景色を見ながらお食事ができるペアシートがあります。

今回は運よくペアシートに案内していただけたので、景色が夕暮れから夜へと変化していく様子も楽しむことができました。カップルなら絶対にペアシートがおすすめです。

まずは前菜。夏らしく涼しげな見た目で食欲が増してきます。特に右下の肝醤油がかかった鮑汐蒸しには職人の技を感じました。

季節の鮮魚のお造り。ヒラメのお刺身も山椒と食べると一味違ったお味でした。旬のカツオのたたきは岩海苔と一緒に食べるのが美味しかったです。

椀物は牡丹鱧と翡翠豆腐。良いお店に和食を食べに行くときは椀物が一番楽しみかもしれません。お出汁がなんともいえない美味しさでした。鱧が好きなので嬉しい。

焼物は目板鰈の若狭焼。ウニがのった湯葉蒸しと一緒に。ツバメの形のショウガが可愛らしいです。お魚は脂がよくのっていたし、添えられている胡麻がかかったさつまいもがとても美味しかった!

外もだんだん暗くなってきました

メインは和牛のすき焼き仕立て。個人的にすき焼きがあまり好きではないので、お肉は焼いてほしい笑。

揚物は太刀魚の博多揚げ、万願寺唐辛子ととうもろこしを揚げたもの。博多揚げとは色が異なる材料を重ねた揚物のことだそうです。太刀魚の身がしっかりしていてとても食べ応えがありました。

締めのお食事は毛蟹の蒸し寿司。すでにお腹いっぱいになりつつありましたが、ペロリといただきました。

最後のデザートには、なんと結婚記念日のお祝いのプレートを用意していただきました。一休で予約するときに備考欄に簡単に記載していただけなのに、嬉しいお心遣いでした。さすがリッツカールトンですね!

Happy Wedding Anniversaryのプレート。嬉しいサプライズでした!

記念にお写真も撮っていただきました。テーブルを担当してくださった方がとても感じが良い女性の方で、終始気持ちよくお食事することができました。

記念日のディナーということでどこに行くか迷いましたが、結果的にひのきざかを選んで大正解でした。ソーシャルディスタンスを考慮して席数も減らしているようで、普段以上にゆったりした雰囲気だったと思います。是非また訪れたいレストランです。

ひのきざか

東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ザ・リッツカールトン東京45階